koutenhannou

グリーンスムージーは基本野菜で作られますから、カラダには良い!と思われがちですが、やはり、個人差によってはアレルギー反応がでてしまったり、お腹を壊したりと少々のトラブルはつきもののと考えましょう。長く付き合っていくなら、最初からつまずいてもめげないことと、それらを上手く応用することで、自分なりのグリーンスムージー習慣というものがいつのまにか形成されているでしょう。

 

出だし_001grean-wp


グリーンスムージーという言葉、SNSやスマホが発達した今の情報化社会の日本に住んでいたら一度は聞いいたことがあるでしょう。美容と健康に関心の高い人達はずっと、このグリーンスムージーに夢中になっています。

ダイエット方は多種多様、時代の流れにあわせるように様々なものが出てきては消え本当にめまぐるしいジャンルです。

しかし、時代は変わろうと今も昔もビタミン・ミネラルが豊富な野菜を摂取することは生命活動をよりよいものにしていくことの基本です。それが簡単に作れて、とても美味しく、続けていくうちに楽しい変化が次々に起こり始めるグリーンスムージーは現代人には欠かせないものであると思います。

あなたがグリーンスムージーと出会えてよかったといえるような情報を知り、心踊るグリーンスムージーとの出会いをお楽しみください!


 

グリーンスムージーを飲むと出てくる好転反応って何!?

グリーンスムージーを飲み始めて馴れてきた頃、ふと、ある症状が生じるかもしれません。それは飲むことを習慣にし始めると、カラダが一時的に見知らぬものに反応を起こすことがあります。それが好転反応と呼ばれる症状です。
好転反応は人によってグリーンスムージーを飲み始めたばかりの頃に、眠気、頭痛、吐き気、肌荒れ、便秘や下痢、人によっては発熱の症状まで出る方もいます。

『肌を綺麗にしたくて飲み始めたのに!』 『便秘を解消したくて飲んでいるのに…』

…とこれでは続けられないじゃないか!!っていう声も聞こえてきそうです。

しかし、これにはちゃんとした理由があるのです。

なぜ、好転反応が現れるのか?

私たちは毎日生活を送る中でストレスや、紫外線、添加物などに体がさらされています。これによって体の中には、活性酸素が発生します。

活性酸素というのは、口から摂り入れた食物を酸素の力、つまり酸化作用によって燃やします。
燃やした後に発生する燃えカス…、実は、この燃えカスが活性酸素という物質のことをいいます。

活性酸素は体内に入ると、老化や様々な病気のリスクとなる物質です。
厄介なことに、活性酸素は私たちが活きている限り、発生し続けます。

だから、体の細胞を傷つける活性酸素を除去するためには、抗酸化物質が必要となります。
嬉しいことに、グリーンスムージーには抗酸化物質の豊富な野菜や果物が入っているので、活性酸素を除去してくれます!

この活性酸素をグリーンスムージーは外に出してくれるのですが、外に出すことによってこれらの症状が発症するのです。部屋を片付けようとすると、ゴミとそうじゃないものを外に出して、片付ける前より一時的に散らかりますよね。

好転反応は、いわば体の中をお部屋のように綺麗にしている途中に起こる症状なのです。

しかし、この好転反応は個人差があり、誰しも起こりうる症状ではありませんし、グリーンスムージーを飲んでも全く好転反応が出ない方もいます。グリーンスムージーを繰り返し飲んでいくうちに徐々に好転反応は、おさまっていくのであまり考え過ぎないようにしましょう!

好転反応がひどい方は、飲む回数を減らしたり、水で薄めて飲んだりして体をグリーンスムージーに少しずつ慣らしていくと症状が軽減していきます。無理せず健康的にグリーンスムージーを楽しみたいですね。

追伸_001wp

不思議な事に、一度グリーンスムージーを飲むとほとんどの人はあっという間にハマってしまいます。それは本能的に、カラダがグリーンを欲しているからかもしれません。モデルや美容の専門家、ヨガをする人など、ヘルスコンシャルでナチュラル志向のキレイな人たちが、今グリーンの魔法の力に夢中になっています。

それは、カラダの中の一番気になっていた部分があらあら!?っと痩せていき、どんな化粧品よりも肌を輝かせてくれるからです♪ 家族や友人、職場の人にいたるまであやゆる人に「若返った!?」と言われるようになったりします。

中にはグリーンスムージーを飲み始めたら、長年悩まされ続けた辛い生理痛や花粉症などのアレルギー症状から解放されたという喜びの声もあります。

そしてグリーンスムージーのみずみずしい生命力をカラダに取り込んで、みんな活き活きと内側(インナー)から輝いています。

グリーンスムージー魅力を知るには、まずはとにかく一度飲んでみることをオススメします♪ 何事もまずは行動です! 行動なきところに健康やダイエット、美容効果を享受できることはありませんから。