6969412466_3f1dafb025_z

グリーンスムージーという言葉、SNSやスマホが発達した今の情報化社会の日本に住んでいたら一度は聞いいたことがあるでしょう。美容と健康に関心の高い人達はずっと、このグリーンスムージーに夢中になっています。

ダイエット方は多種多様、時代の流れにあわせるように様々なものが出てきては消え本当にめまぐるしいジャンルです。

しかし、時代は変わろうと今も昔もビタミン・ミネラルが豊富な野菜を摂取することは生命活動をよりよいものにしていくことの基本です。それが簡単に作れて、とても美味しく、続けていくうちに楽しい変化が次々に起こり始めるグリーンスムージーは現代人には欠かせないものであると思います。

訪問者の皆さんがグリーンスムージーと出会えてよかったといえるような」情報を提供していきますので、心踊るグリーンスムージーとの出会いをお楽しみください!

グリーンスムージーの正しい飲み方ってあるの?

健康的にも美容にもいいとブームから定番となりつつあるグリーンスムージー。

初心者の方や間違った知識の方に、その飲み方で気をつけたいのは、以下の3点です。

  • 飲むタイミング
  • 材料(レシピ)
  • 摂取量

これらの3点を特に気をつけておいたほうがいいでしょう。あくまでもおおまかな一般的な考えに基づいたものですから、個人差のある人にカンペキに当てはまるものではありませんので、あくまでも指標としてお考えください。

飲むタイミングは?

まず、飲むタイミングでベストなのは、胃に何も入っていない朝が取り入れやすいでしょう
グリーンスムージーの栄養分がしっかりと体に行き渡るため、朝食代わりに飲むのがベストですし、忙しい朝は基本食べないという人にも良い習慣となるでしょう。

ミキサーで材料をしっかりと刻むことで、消化や体への吸収もしやすくなるので、皮や栄養部分も朝の支度の合間にじっくり行いましょう!

材料は?

次に気をつけたいのは材料。
グリーンスムージーは、「野菜+フルーツ+水」で作ると1番効率的に効果を得られます。

味を整えるため、「水の代わりに牛乳やヨーグルトを加える」という飲み方をされる方もいますが、乳製品は野菜やフルーツに比べて消化に時間がかかるため、実はグリーンスムージーにはあまり向いていないんです乳製品で作ると、まったく効果がないというわけではありませんが、効率的に栄養分を摂取したい方は、ぜひ水で作る飲み方がオススメです。

また、グリーンスムージーを作る際の野菜とフルーツの割合は、野菜6:フルーツ4くらいの割合が理想的と言われています。ただし、「野菜の味が濃くて飲みにくい」とい場合は、フルーツ多めの、フルーツ6:野菜4くらいから初めてみるといいかもしれません。だんだん味に慣れてきたら、徐々に野菜の割合を増やしていくと良いでしょう。

摂取量は?

そして、グリーンスムージーの飲み方、最後のポイントは、摂取量。

野菜やフルーツの摂取量を考えると、1日1リットル~2リットル飲むことが理想的ですただし、グリーンスムージーを日中、持ち歩いて飲むのは難しいので、できる範囲でOKです。夏場の炎天下に持ち歩くことは特に困難なので、自分のライフスタイルに合わせた摂取方法を選択しましょう!

量よりも長く続けることが何よりも大事なので、毎朝、グリーンスムージーをコップ1杯飲むことから始めてみましょう♪

 

追伸_001wp

不思議な事に、一度グリーンスムージーを飲むとほとんどの人はあっという間にハマってしまいます。それは本能的に、カラダがグリーンを欲しているからかもしれません。モデルや美容の専門家、ヨガをする人など、ヘルスコンシャルでナチュラル志向のキレイな人たちが、今グリーンの魔法の力に夢中になっています。

それは、カラダの中の一番気になっていた部分があらあら!?っと痩せていき、どんな化粧品よりも肌を輝かせてくれるからです♪ 家族や友人、職場の人にいたるまであやゆる人に「若返った!?」と言われるようになったりします。

中にはグリーンスムージーを飲み始めたら、長年悩まされ続けた辛い生理痛や花粉症などのアレルギー症状から解放されたという喜びの声もあります。

そしてグリーンスムージーのみずみずしい生命力をカラダに取り込んで、みんな活き活きと内側(インナー)から輝いています。

グリーンスムージー魅力を知るには、まずはとにかく一度飲んでみることをオススメします♪ 何事もまずは行動です! 行動なきところに健康やダイエット、美容効果を享受できることはありませんから。