16351067498_e1b022fcbb_o

今やダイエットの定番になりつつあるグリーンスムージーですが、場合によっては普通の食事よりも高カロリーになる場合もあります。でお、自分の好きな味や好みに偏りがちになるのも事実…。しかし、食材の選び方次第でカロリーも左右されます。なので、いきなりは無理でしょうが、ダイエットするなら意識しておいたほうが良い食材や組み合わせにくわえ、低カロリーに抑える方法をご紹介します。

 

気をつけたい!グリーンスムージーの食材選び

ダイエットにおいて、食事による摂取カロリーがどの程度か、それによって日々のモチベーションにも関わるので把握しておきたいもの。では、グリーンスムージーの場合は、1杯あたりどれくらいのカロリーになるのでしょうか。グリーンスムージーの定番食材を例に、カロリー計算をしてみましょう。

グリーンスムージーの定番食材といえば、バナナ、リンゴ、キウイ、ほうれん草、大葉といったところでしょうか。以下は、1人分のグリーンスムージーで使用する量に対するカロリーの目安です。

  • バナナ(中1本) 90kcal
  • リンゴ(中1/2個) 70kcal
  • キウイ(中1/2個) 28kcal
  • ほうれん草(1株) 10kcal
  • 大葉(1枚) 0.2kcal

これらを合計すると、198.2kcalとなります。年齢や生活にもよりますが、女性が朝食に摂取するカロリーの目安が500kcal程度(一般的な理想)といわれていますので、この数値から比べると、定番食材で作るグリーンスムージーは低カロリーといえますね。

ただし、動物性脂質の牛乳やヨーグルトを使用すると、一気にカロリーがアップします。牛乳100mlあたり約69kcal、ヨーグルト100gあたり約72kalなので、加える量にも気をつけたいところ。また、ヘルシーな脂質としてダイエット中に取り入れることで人気のナッツ類も、カロリーは高いのでご注意を。例えば、アーモンドは10粒で132kcalもあります。また、前述のバナナやリンゴも果物のなかでは、カロリーはやや高めです。ほかにも、マンゴーやアボカドなども高カロリーの食材となるので、使用する際にはよく考えて選びたいですね。

自分好みの味や低カロリーなグリーンスムージーを作る方法

16737872816_6379568081_k

大体のカロリーが分かったところで気になるのが、自分好みで低カロリーなグリーンスムージーの作り方です。野菜の風味をごまかすには、甘みが強くカロリーの高い果物や牛乳、ヨーグルトを入れるのが効果的ですが、そうした食材ばかりを選ぶとカロリーは増すばかりで本末転倒になりかねません!

口当たりの良い低カロリーなグリーンスムージーを作るには、まろやかさや甘みのある食材をまず1つ決めます。そして、あとはカロリーが控えめなものをチョイスして食材を組み合わせると、カロリーの増加をセーブできます。

低カロリーなグリーンスムージーの腹持ちをよくするには?

食事はカロリーを抑えればOKというものでもなく、控えめにしすぎるとお腹も空きやすく間食の魔の手が入りやすくなります。

空腹に耐えられなくなり、間食をしてしまうようでは、せっかくの努力もダイエットの効果も水の泡です。そこで取り入れたいのが、ホワイトチアシード。水に浸けて膨張させたホワイトチアシードをグリーンスムージーに加えると、タピオカのような食感を楽しみながら満腹感を高めることができます。コレ以外に美容にもいいので、ぜひお試しを!

意外な選択肢!?粉末グリーンスムージーなら驚きの低カロリー!

どうしても味の好みや食材が偏ってしまう…というあなたには、カロリーで選ぶなら、粉末グリーンスムージーを取り入れるのも有効です。粉末グリーンスムージーは1杯あたり20kcal程度のものが多く、手作グリーンスムージーと比べて大幅にカロリーが抑えられます。

物足りなさを感じるときは、牛乳やヨーグルト、植物性ミルクや豆乳などを合わせると腹持ちがよくなります。牛乳200mlで割ったとしても、合計でおよそ160kcalなのはうれしいですね。豆乳なら同量でも110kcal程度にまで抑えられます。水で割るよりもまろやかさな口あたりになり、手軽に用意できるので、とても便利な存在です。

 

追伸_001wp

不思議な事に、一度グリーンスムージーを飲むとほとんどの人はあっという間にハマってしまいます。それは本能的に、カラダがグリーンを欲しているからかもしれません。モデルや美容の専門家、ヨガをする人など、ヘルスコンシャルでナチュラル志向のキレイな人たちが、今グリーンの魔法の力に夢中になっています。

それは、カラダの中の一番気になっていた部分があらあら!?っと痩せていき、どんな化粧品よりも肌を輝かせてくれるからです♪ 家族や友人、職場の人にいたるまであやゆる人に「若返った!?」と言われるようになったりします。

中にはグリーンスムージーを飲み始めたら、長年悩まされ続けた辛い生理痛や花粉症などのアレルギー症状から解放されたという喜びの声もあります。

そしてグリーンスムージーのみずみずしい生命力をカラダに取り込んで、みんな活き活きと内側(インナー)から輝いています。グリーンスムージー魅力を知るには、まずはとにかく一度飲んでみることをオススメします♪ 何事もまずは行動です! 行動なきところに健康やダイエット、美容効果を享受できることはありませんから。